2019年5月12日日曜日

ヨハネス・キュール氏 公開講演会 自然科学とシュタイナー思想 ~教育と文化への科学技術の影響~




2019年6月15日(土)
東海大学代々木キャンパス2B-11教室
(2号館B翼)


午前の部 10:00 - 12:00
「文化と教育のデジタル化」
~スマートフォンやタブレットは子どもたちに何をもたらすのか~

午後の部 14:00 - 16:00
「原子力と人間の運命」~個人、民族、人類の課題~


参加費 一般: 午前&午後 5000円(1講演のみ3000円)

協会員(会員証提示): 午前&午後 4000円(1講演のみ2500円)
※同会場にて17:00 - 18:30に「協会員の集い」を予定しています。


参加のお申し込みはウェブサイトから:URL: www.kolisko-group.com

共催:一般社団法人普遍アントロポゾフィー協会ー邦域協会日本/
一般社団法人ルドルフシュタイナーハウス/四国アントロポゾフィー・クライス
/東京ミヒャエル支部/藤野ソフィアグループ/コリスコ・グループ




スイス・ゲーテアヌム自然科学部門代表である
ヨハネス・キュール氏の来日を機に、
現代の科学技術が私たちの生活に及ぼす影響を
「文化・教育のデジタル化」と「原爆・原子力・放射能」
という2つの事象から考えたいと思います。
シュタイナー思想(アントロポゾフィー/人智学)の視座から、
どのような課題や可能 性が見えてくるのでしょうか?
さまざまな立場の方が、キュール氏のお話をきっかけに、
日本に生きる私たちのこれからを考える時間を
共有する場になればと願っています。




講師プロフィール: ヨハネス・キュール氏

1953年、ドイツ・ハンブルクに 生まれる。
ヴァルドルフ学校に通い、農業における
民間奉仕義務を行った後、ハンブルクとゲッティン
ゲンにて物理学、数学、化学を学ぶ。マックス・プ
ランク流体研究所のエルンスト=アウグスト・ミュ
ラーのもとディプロム取得研究。続いてスイス・ド
ルナッハのゲーテアヌム自然科学部門研究員。
1982~1996年、シュトゥットガルト・ウーランツ
ヘーエ・ヴァルドルフ学校高等部教師。1982年より
ゲーテアヌム自然科学部門コレギウムに参加。
1996年、同部門代表に就任。研究テーマ: 流体物
理学、人間の運動機構の力学、ゲーテ主義的光学
と色彩論、物理学教授法。



お問い合せ:コリスコ・グループ
TEL:03-3467-2211(代表)
Tel/Fax. 03-6424-5125
E-mail. info@kolisko-group.com






2019 年度 アントロポゾフィー芸術講座≪全 5 回≫



アントロポゾフィー芸術講座 第1回
―響きを味わう」ことばの造形の体験



2019年6月22日(土) 9:30~13:00
6月23日(日) 9:30~13:00

講師 鈴木 泉(朗唱家/女優)

会場 オイリュトミーハウス
東京都新宿区大久保 2-10-2 山崎ビル 102

参加費 各 2 日間 6,000 円 事前の振込をお願いします。
郵便振替口座 00140-3-483075
口座名義 普遍アントロポゾフィー協会-邦域協会日本

申込み Fax 047-336-4178(協会事務局)
E-mail country.society.japan@gmail.com
※一日のみの参加も可能です。
※動きやすい服装でお越しください。


普遍アントロポゾフィー協会-邦域協会日本
普遍アントロポゾフィー部門&造形芸術部門 主催



≪講師プロフィール≫

20代の頃「将来、話すことに関わる芸人になる」と占い師に言われた。
当時は気にもせずにいたが、神の御心は計り知れぬもので、
後に川手 鷹彦氏のドイツ語による詩の朗唱に出逢い、強く引きつけられたのを
きっかけに朗唱家としての道を歩み始める。1995 年川手氏に師事。
1996 年に宮沢賢治作『インドラの網』で朗唱家デビュー。2001年、
毎日新聞コラム「二十世紀 東京百人」に盲目の朗唱家として紹介される。
人前で語ることの魅力に一段と引き込まれ、2002 年スイス・ドルナッハの
「ゲーテアヌム言語造形・演劇学院」入学。
2007 年卒業 後、スイス、ドイツで公演活動、言語造形(朗唱術)を利用した
セラピーのコースに参加するなど様々な経験を経て、2009年3月帰国。
同年4月より公演活動再開。今後は公演活動とともにセラピーにも
力を注ぎたいと希望しつつ、神の絶妙な御技に委ねている。

アントロポゾフィー基礎講座≪全 6 回≫

ルドルフ・シュタイナーのあらゆる分野に及ぶ膨大な著作のなかで
アントロポゾフィーの認識の基礎をなす重要文献を取り上げ、
その内容理解を深めるための講座です。


第1回「テオゾフィー」

アントロポゾフィーはテオゾフィーに始まり、テオゾフィーに
終わる、と言えるほど、段階的に学ぶことのできる精神の宝庫です。
初期から晩年に至るまで一貫して流れる生命の流れをそれぞれの
段階でたどりましょう。
(上松佑二)


2019年5月25日(土)26日(日)
<1>9:30~10:30
<2>10:45~11:45
<3>12:00~13:00

講 師: 上松佑二

会 場: オイリュトミーハウス (新宿区大久保 2-10-2-山崎ビル 102)

受講料: 2 日間 6,000 円(1日 3,000 円)事前の振込をお願いします。
振込先 郵便振替口座
口座番号 00140-3-483075
口座名義 普遍アントロポゾフィー協会-邦域協会日本

申込み:ファックス又はメールでお送り下さい。
一般社団法人 普遍アントロポゾフィー協会―邦域協会日本 事務局
Fax 047-336-4178
E-mail country.society.japan@gmail.com


普遍アントロポゾフィー協会-邦域協会日本 普遍部門主催
※ オイリュトミーハウスへのアクセス
JR 山手線 / 新大久保駅より徒歩 13 分 東京メトロ副都心線 / 西早稲田駅より徒歩 7 分

2019 年ヨハネ祭のご案内

ヨハネ祭は夏の夏至の祝祭です。
同時に自己認識を迫る洗礼者ヨハネの祝祭です。
「あの方は栄え、私は衰えねばならない」(ヨハネ伝)
の中に悲劇と栄光が重なって、私達の心を揺さぶります。
(上松佑二)

日 時 2019 年 6 月 30 日(日)
14:00~16:00


オイリュトミー

ヨハネ祭講演 講師 上松佑二

交流会

会 場 オイリュトミーハウス
東京都新宿区大久保 2-10-2 山崎ビル 102

参加費 会員 500 円 一般 1,000 円

申込み・問合わせ Fax 047-336-4178(協会事務局)
E-mail country.society.japan@gmail.com

2019年 聖霊降臨祭のご案内

「五旬節の日がきて、みんなの者が一緒に集まっていると、
突然、激しい風が吹いてきたような音が天から起こってきて、
一同がすわっていた家いっぱいに響き渡った。
また、舌のようなものが、炎のように分かれて現れ、
ひとりびとりの上にとどまった。
すると、一同は聖霊に満たされ、御霊が語らせるままに
いろいろの他国の言葉で語り出した。」

聖霊降臨祭は、キリストの復活、昇天からの一連の出来事です。
この出来事に思いを寄せたいと思います。
(吉田実生)


日 時 2019年6月9日(日)
14:00~16:00

オイリュトミー

聖霊降臨祭講演 講師 吉田実生

交流会


会 場 オイリュトミーハウス
東京都新宿区大久保 2-10-2 山崎ビル 102

参加費 会員/学生 500円 一般 1,000円

申込み・問合わせ Fax 047-336-4178(協会事務局)
E-mail country.society.japan@gmail.com






総会・特別講演「シュタイナー学校のカリキュラム」鳥山雅代氏


2019年春、東京賢治シュタイナー学校から
『シュタイナー学校のカリキュラム第1〜第8学年編』が上梓されました。
ヨーロッパのシュタイナー教育において、
経験豊かな先生方の実践から生まれたこの本は、
長く日本語訳の出版が待たれていました。

今年の総会の特別講演は、ヴィリギリウス・フォーグル氏とともにこの本を
翻訳された鳥山雅代氏をお迎えします。
ヨーロッパでの実践と、東京賢治シュタイナー学校の豊富な実践を踏まえ、
シュタイナー学校のカリキュラムの全体像を知ることができる貴重な機会です。

今年 100 周年を迎えるシュタイナー教育に関心を
お持ちのすべての皆様のご参加をお待ちしています。


《鳥山雅代氏 プロフィール》
自由の森学園卒業後、ミュンヘン・オイリュトミー学校で学ぶ。
1995〜2007 年、ヴェルンシュタイン、ニュルンベルク、
ハスフルトのシュタイナー学校でオイリュトミーを担当。

現在、東京賢治シュタイナー学校高等部担任、
オイリュトミー・文学・美術史担当。



日 時 2019年6月29日(土) 16:00~17:00

演 題「シュタイナー学校のカリキュラム−東京賢治シュタイナー学校の実践から」
講師 鳥山 雅代


会 場 オイリュトミーハウス
東京都新宿区大久保 2-10-2 山崎ビル 102

参加費 協会会員 無料(総会内行事のため) 一般 1,000 円

申込み・問合わせ Fax 047-336-4178(協会事務局)
E-mail country.society.japan@gmail.com





Web『シュタイナー学校の全カリキュラム第1~第8学年編』

2019年5月〜6月 行事のご案内

普遍アントロポゾフィー協会-邦域協会日本 主催行事

特記のない限り、会場はすべてオイリュトミーハウスです。
東京都新宿区大久保2‐10‐2‐102
03‐5273‐2591(JR新大久保駅から徒歩13分)
(東京メトロ副都心線/西早稲田駅から徒歩 7 分)



精神科学自由大学第一クラス
*大学会員証必携 ※時間は基本的に10:30~
日 時:2019年5月12日(日) 第1時間
6月9日(日) 第2時間(聖霊降臨祭)
6月16日(日) 第1時間*この時間のみ 10:00〜12:00、
ヨハネス・キュール氏による自由時間
6月30日(日) 第1繰返時間(ヨハネ祭)
7月14日(日) 第3時間


精神科学自由大学第一クラス(鶴見)
*大学会員証必携 ※時間は基本的に10:30~
日 時:2019年 6月8日(土) 第1時間
会 場:「アトリエ風の翼」(230-0078神奈川県横浜市鶴見区岸谷4-12-8)
問合せ:miwo-figa@nifty.com(吉田)


アントロポゾフィー基礎講座『テオゾフィー』
日 時;2019年5月25日(土)、26日(日)
○1 9:30~10:30 ○2 10:45~11:45 ○3 12:00~13:00
講 師:上松 佑二
参加費:6,000 円(2日間)


アントロポゾフィー芸術講座「ことばの造形」
日 時:2019年6月22日(土)、23日(日) 9:30~13;00
講 師:鈴木 泉(言語造形家)
参加費:6,000 円(2日間)


聖霊降臨祭
日 時:2019年6月9日(日) 14:00~16:00
オイリュトミー
聖霊降臨祭講演 講師 吉田 実生 交流会
参加費:会員 500円 一般 1,000円


ヨハネ祭
日 時:2019年6月30日(日)14:00~16:00
オイリュトミー
ヨハネ祭講演 講師 上松 佑二 交流会
参加費:会員 500円 一般 1,000円


オイリュトミークラス
日 時:2019年5月4日(土) 、6月1日(土)
講 師:上松 恵津子
参加費: 会員・学生 2,000 円 一般 2,500 円
申込み・問合わせ: Tel 03‐5273‐2591
オイリュトミーハウス(上松恵津子) Fax 044-954-2156(上松)


読書会「カルマ論」
急がず丁寧に読んで参ります。
日 時:2019年5月11日(土)、6月8日(土)
10:00~12:00 *毎月第2土曜日
参加費:500 円
テキスト:「シュタイナーのカルマ論-カルマの開示」高橋巌訳(春秋社)
10:00~12:00*毎月第1土曜日


読書会「アントロポゾフィーの光に照らした世界史」(年次テーマ研究会)
日 時:2019年5月26 日(日) 14:00~16:00 *6月は休会。
参加費:会員 500円 一般 1,000円
テキスト:『シュタイナーコレクション6 歴史を生きる』(高橋巖訳、筑摩書房、第二部第三講)


一般社団法人 普遍アントロポゾフィー協会―邦域協会日本 総会
日 時:2019年6月29日(土)~30日(日)

総会 特別講演「シュタイナー学校のカリキュラム−東京賢治シュタイナー学校の実践から」
日 時:2019年6月29日(土)16:00~17:00
講 師:鳥山 雅代(東京賢治シュタイナー学校)
参加費:会員 無料(総会内行事のため) 一般 1,000円


南Hot☆海道支部トローネ

精神科学自由大学
日 時:2019年5月19日(日) ―第1講 6月9日(日)―第2講 10:00~
会 場:ひびきの村アトリエ 2F
※ブルーカード提示

読書会「 クリスマス会議資料」
日 時:2019年6月11日(火) 9:00~12:00
会 場:コミュニティカフェ あっぷる 参加費:300 円

シュタイナー栄養学ワークショップ「蜜蜂とミルクと六角形の秘密」
日 時:2019年6月12日(水) 9:00~12:00
会 場:コミュニティカフェ あっぷる
参加費:300 円 お子さまとの参加可
問合せ:トローネ事務局 alovebird15@gmail.com(西片)



《その他の催し》


Holistic Art Therapy 町田 「自己を観る・ 模写」クラス
日 時:第一土曜日13:30~16:30(不定期ですので、お問い合わせください。)
体験ワークは 10:00~12:00
講 師:渡辺 美映
問合せ:mie-kunstlerin@ezweb.ne.jp(渡辺美映)


オイリュトミークラス
ゆっくりオイリュトミーを体験していくクラスです。
日 時: 2019年5月18日(土) 、6月15日(土) 10:00~12:00 *毎月第3土曜日
講 師:村田 有輝子
参加費: 2,000 円 *3 人より成立
申込み・問合せ: Fax 03‐5273‐2591 オイリュトミーハウス(村田)
Fax 03‐3335‐5266 村田有輝子


オイリュトミークラス
日 時: 2019年5月15日(水)、6月19日(水) 10:00~12:00 *毎月第3水曜日
講 師:上松 恵津子
参加費:2,600 円 申込み・問合せ:Tel/Fax 03-6321-2926(加藤)


「自由の哲学と社会三分節化」
「アントロポゾフィー協会のカルマと自由大学」
「オーガニックビレッジ運動について」

日 時: 2019年5月16日(水)〜5月18日(水)
*日程の詳細はお問い合わせください。
講 師:上松 佑二、伊藤 英信
会 場:オーガニックベース・ラフティ(帯広市西10条南1丁目10−3、ナチュラル・ココ帯広本店隣)
参加費:3,000 円(全日程、昼食2食付き)
申込み・問合せ: h_ito@agrisystem.co.jp 携帯 090-8278-1744(伊藤)


ヨハネス・キュール氏 公開講演会「自然科学とシュタイナー思想」
日 時:2019年6月15日(土)10:00~12:00、14:00〜16:00


日本アントロポゾフィーネットワーク一周年大会
「アントロポゾフィーを生きる当事者として」

日 時: 2019年6月16日(土) 13:30~16:40
プログラム:「礎石の言葉のオイリュトミー」(香川裕子)
「アントロポゾフィーを生きる当事者として」他
参加費:500 円
申込み・問合せ: yayuki@oboe.ocn.ne.jp (山際勇起)


精神科学自由大学第一クラス(東京ミヒャエル支部)
*大学会員証必携
日 時: 2019年5月19日(日)16:00〜 第4時間 *6月は休講
会 場:ルドルフ・シュタイナー芸術アカデミー/アウラ(JR国分寺駅より徒歩8分)
問合せ: 東京ミヒャエル支部 michael.zweig.tokio@gmail.com



《事務局より》

■ ゲーテアヌムのウェブサイトから
ニュースレター‹Anthroposophie weltweit›が購読できます。
‹Anthroposophie weltweit›(英語版は‹Anthroposophy Worldwide›)は年間10回、
ドイツ語、英語、フランス 語、スペイン語で協会会員に向けて刊行されています。
デジタル版(PDF)は無料です。希望される方は、
ゲーテアヌムのウェブサイトから右上の言語(ドイツ語はDE英語はEN)を選択し、
メニューからAnthroposophische Gesellschaf(t AnthroposophicalSociety)
→Nachrichtenblat(t Newsletter)
→Nachrichtenblattbestellen(Order Newsletter)を選択し、
その先の購読用のフォームに記入します(表示されない場合は 3 本線をクリックし、
bestellen(order)を選択して表示します)。

■ コリスコ・グループによるゲーテアヌムの‹Anthroposophy Worldwide›日本語版の試験的提供
コリスコ・グループが、2019年の1年に関して、ゲーテアヌムが発行する
‹Anthroposophy Worldwide›日本語訳を提供しています。
協会会員であれば、PDF ファイルで購読できます。なお、翻訳料その他の費用をカバーする
ために一年の定期購読として、1 年間 6,000 円を基準とする購読料をお願いしています。
1 号のみ希望の場合は 500 円です。ご関心のある方は、コリスコ・グループの
ウェブサイトからお申し込みください。
URLは、https://www.kolisko-group.com/journal です。


■ ジョーン・スリー氏とパウル・マッカイ氏の来日について
2019年7月18日から7月25日まで、ゲーテアヌム理事のジョーン・スリー氏と、
名誉理事のパウル・マッカ イ氏が来日します。日本国内の協会グループの共催で、
7月20日(土)21日(日)は、首都圏で講演会と大学時間、協会会員の集いを行う予定です。
詳細は次号でご案内いたします。


■ 大学会員の皆様へ
ユルゲン・スミット氏による「大学テキストの公開について(1990)」のご案内
ユルゲン・スミット氏による、1990年4月、ドルナッハのアントロポゾフィー協会の理事、
事務総長会議の原稿を翻訳したものです。2019年1月27日に行われた
「精神科学自由大学会員の集い」で読まれました。
この資料 を希望者に実費(500円)でお分けいたします。
ご希望の方は協会事務局までお問合せください。
E-mail country.society.japan@gmail.com Fax 047-336-4178