2013年3月4日月曜日

ゲーテアヌムからのお知らせ

≪私は自己を認識する―定礎の次元≫ 2013年年次総会へのご招待


来る3月22日から24日まで、ドルナッハのゲーテアヌムで2013年の
普遍アントロポゾフィー協会年次総会が開催されます。
ゲーテアヌム理事会と大学コレギウムから会員の皆様に
招待状が送られてきています。
今年度の年次テーマは≪私は自己を認識する―定礎の次元≫というものです。
全体のプログラムは以下の通りです。



2013年3月22日(金曜日)
11:00
関心ある全会員のためにアントロポゾフィー協会の全体会議を
年次総会の準備として行います。事務総長会議、
責任者会議の参加者と共に会員証を提示してご参加ください。
15:00~16:15
普遍アントロポゾフィー協会総会開会あいさつと芸術的序幕があり、
アントロポゾフィー協会の現実(私は自己を認識する―とアントロポゾフィー協会:ボドー・フォン・プラトー)、
理事会の課題の輪郭の変化(ヴァージニア・シース)、会員からの議題と関心の紹介
16:15~17:00
コーヒー・ブレイク、全休憩時に一階ホールで発意のフォーラム
17:00~18:30
アントロポゾフィー協会の中で私たちを動かすものは何か?第一の話し合いの輪
-理事会から提案されたテーマ
-会員からの提案と関心
18:30~20:00
夕方の休憩
20:00~
オイリュトミーの上演〈そして建築が人間になる〉ゲーテアヌム舞台


2013年3月23日〈土曜日〉
9:00~10:30
芸術的序幕 総会の継続 ゲーテアヌムの指導の進め方と課題(セイヤ・ツィンマーマン)、
活動計画と理事会の発意(パウル・マッカイ)
話し合い
10:30~11:15 
コーヒー・ブレイク
11:15~12:45
総会の継続
12:45~15:00
昼の休憩
15:00~16:30 
総会の継続 会計報告(ユストゥス・ヴィティッヒ)
16:30~17:00
コーヒー・ブレイク
17:00~18:30
総会の継続と閉会
18:30~20:00
夕方の休憩
20:00~21:00
死者の追悼


2013年3月24日(日曜日)
9:00~10:30
芸術的序幕 過ぎ去った現代と未来の記憶について(クリスチアーネ・ハイト)、
年次テーマへの貢献と全体会議 理事会と会員の関心についての協議の継続
10:30~11:15
コーヒー・ブレイク
11:15~12:30
反省と展望 2013年と2014年の発意の予見 芸術的終幕
午後
発意の枠内での研究と深化、話し合いの空間




英語とフランス語の同時通訳が行われます。
年次総会と年次会議は会員証の提示によってのみ参加することができます。

この年次総会で、皆様にご挨拶できることを嬉しく思います。
ゲーテアヌム指導部 オリヴァー・コンラート、ジャン・ミシェル・フロリン、ミヒャエラ・グレックラー、
クリスチアーネ・ハイト、ウェリー・フルター、コンスタンツァ・カリクス、
ヨハネス・キュール、パウル・マッカイ、クラウス・ペーター・レー、
ヴァージニア・シース、マルガレーテ・ソルスタット、ユストゥス・ヴィテッィヒ、
セイヤ・ツィンマーマン