2016年12月28日水曜日

アントロポゾフィーから現代を考える― 「クリスチャン・ローゼンクロイツとは誰か」 



アントロポゾフィー連続講座


シュタイナーは晩年、「アントロポゾフィーは、人間のなかの精神的なものを、
宇宙における精神的なものに導く一つの認識の道である」と説きました。
それは、知識や情報ではなく、メディテーションによって体験される認識の道です。
この連続講座は、現代の諸問題をアントロポゾフィーの観点から読み解くことに
よって、アントロポゾフィーの核心を集中的に学びます。

日 程:2017年1月28・29日(土・日)
○1 9:30~10:30 ○2 10:45~11:45 
○3 12:00~13:00

講 師:上松佑二

会 場:
1月28日(土)オイリュトミーハウス(新宿区大久保 2-10-2-102)
1月29日(日)新宿区立元気館(新宿区戸山3-18-1)

受講料:2日間6,000円(1日 3,000円) 

申込み:ファックス又はファックスと同様の内容をメールでお送り下さい。 
一般社団法人 普遍アントロポゾフィー協会―邦域協会日本事務局
Fax 047-336-4178 
E-mail country.society.japan@gmail.com

主催:一般社団法人 普遍アントロポゾフィー協会ー邦域協会日本



Rembrandt Rosenkreutz

※ 次回は2017年3月19, 20日(日・月 /祝)「キリストについて」を予定しています。
単独の参加も可能です。
※ 日程、会場に変更がある場合があります。

※ オイリュトミーハウスへのアクセス JR 山手線 / 新大久保駅より徒歩13分、
東京メトロ副都心線 / 西早稲田駅より徒歩7分、 東新宿駅より徒歩10分。



大きな地図で見る