ルドルフ・シュタイナー




ルドルフ・シュタイナー Rudolf Steiner


1861年2月27日、ルドルフ・シュタイナーは
南オーストリア鉄道の電信技師の息子として
オーストリア(現:クロアチア)のクラリェヴェックに
生まれました。

ヴィーン工科大学に自然科学と数学を学び、
1882年 21歳の若さで、ヨーゼフ・キュルシュナーの
<ドイツ国民文学>の「ゲーテ自然科学論文集」編集者に抜擢。

その後、1886年に「ゲーテ世界観の認識論要綱」を著し、
この著作によって更に1890年から1896年の間、
ゾフィー版ゲーテ全集編纂のために
古都ヴァイマールに招聘されました。

彼の哲学博士論文「真理と学問」(1892)や
「自由の哲学」(1894)、
「反時代的闘士フリードリッヒ・ニーチェ」(1895)
「ゲーテの世界観」(1897)が生まれたのは
すべてこのヴァイマールにおいてです。

その後彼はベルリンに移り、「文芸雑誌」を刊行し、
著作家兼講演家として活躍しました。

1899年から1904年までは、ヴィルヘルム・リープクネヒト創設の
「労働者養成学校」で主に歴史を講義しました。

やがて彼の講演活動は<神智学協会>の会員の間に浸透し、
その中から「神秘的事実としてのキリスト教と古代の秘儀」(1902)や、
人間の本質が肉体と魂と精神から成り立つことを説く「神智学」(1904)
及び「神秘学概論」(1910)などが生まれました。

既に1902年以来<神智学協会>ドイツ支部の事務総長であった
ルドルフ・シュタイナーはドグマにとらわれぬ
彼独自の立場を貫いたため、1912年には
同協会から除名され、その後間もなく彼の多くの
支持者達の間から <アントロポゾフィー協会>が生まれ、
1913年からルドルフ・シュタイナーの
4つの「神秘劇」(1910-1913)の上演劇場であり、
同時に<精神科学自由大学>でもある<ゲーテアヌム>建築が
スイスのドルナッハに着工されました。

こうして芸術運動にもなったアントロポゾフィー運動が
更に社会運動にもなるのは第1次世界大戦直後からです。

1919年「社会問題の核心」を著したルドルフ・シュタイナーは、
まず「三分節社会有機体運動」「自由ヴァルドルフ学校運動」を、
次いで「キリスト者共同体運動」「アントロポゾフィー医学運動」
「バイオダイナミック農業運動」などを次々に
展開してゆきます。

しかし、1922年の大晦日の夜、完成したばかりの木造の
《第1ゲーテアヌム》は、放火によって
突然炎上してしまいます。

《第2ゲーテアヌム》の再建が決議されたのは
1923年の普遍アントロポゾフィー協会設立のための
「クリスマス会議」においてです。

しかし、1924年の秋以来病床に臥していた
ルドルフ・シュタイナーは、「自叙伝」を含めた
生涯約30冊の著作と約6千回の講演記録を残し、
1925年3月30日、多くの人に愛惜されながら
ドルナッハのアトリエでこの世を去りました。

ルドルフ・シュタイナーの模型に基づいた
コンクリートの《第2ゲーテアヌム》が完成されたのは
1928年のことです。




詳細についてはこちらをどうぞ(英語/ドイツ語)


RUDOLF SEINER ARCHIVE